シン・ゴジラの再放送・再配信を無料で視聴する方法【ネットフリックス・アマゾンプライム・TVerで見れる?】

こちらの記事では、

  • シン・ゴジラが見れる動画配信サービス
  • シン・ゴジラの再放送予定
  • シン・ゴジラを無料視聴する方法

をまとめています。

「シン・ゴジラ」再放送の予定は?

「シン・ゴジラ」の2022年の再放送予定について調べてみましたが、再放送予定はありませんでした。もう一度「シン・ゴジラ」がみたい方はレンタルか動画配信サービスで視聴するのがおすすめです。

「シン・ゴジラ」無料期間で見れる動画配信サービス

こちらでは、各配信サービスでの「シン・ゴジラ」の配信状況をまとめておりますのでご覧ください。

配信サービス名 配信状況 月額料金

976円(税込)

2189円(税込)

※毎月1200ポイント付与

1026円(税込)

1017円(税込)

960円(税込)

550円(税込)

1925円(税込)

618円(税込)

500円(税込)

990円(税込)

「シン・ゴジラ」を無料で見る方法

ネット上では違法にアップロードされた無料で見られる動画もありますが、視聴するだけで法律で罰せられます。また、ウイルスに感染し端末からクレジット情報や住所などの個人情報を盗まれる危険性があります。見逃し配信サービスのTVerで無料で見ることができる作品もありますが、以下のデメリットがあります。

TVerで見るデメリット

  1. テレビ同様CMが流れるのでストレスになる
  2. 放送から1週間で視聴できなくなる
  3. 直近回のみで過去回は見ることができない
  4. ダウンロード機能がないので、オフライン視聴できない
  5. フジテレビの番組だとFODアプリが必要

完全無料である分このような複数のデメリットがあることは仕方ありません。上記のデメリットに抵抗がある場合は各動画配信サービスを使うことをオススメします。

「シン・ゴジラ」Amazonプライム(アマプラ)は配信なし

アマプラでは「シン・ゴジラ」の配信がありません。

「シン・ゴジラ」Netflix(ネットフリックス)は配信なし

ネトフリでも「シン・ゴジラ」の配信はありません。

「シン・ゴジラ」Hulu(フールー)は配信なし

Huluでも「シン・ゴジラ」の配信がありません。

「シン・ゴジラ」概要

あらすじ 11月3日8時30分ごろ、東京湾羽田沖で大量の水蒸気が噴出し、東京湾アクアラインでトンネル崩落事故が発生する。政府は、原因を海底火山か熱水噴出孔の発生と見て対応を進める。内閣官房副長官矢口蘭堂は、インターネット上の一般人による目撃報告や配信動画などから、いち早く事故の背景にある巨大生物の存在を示唆するが、周囲はそれを一笑に付す。しかし、まもなく巨大生物の尻尾部分がテレビ報道されたことで、政府は認識を改める。更に自重で潰れるため上陸は不可能という専門家の意見とは裏腹に、巨大生物は多摩川河口から大田区内の呑川を這いずるように遡上し、蒲田で上陸し、街を破壊しながら北進を始める。
放送局
放送年 2016年~
キャスト 長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、大杉漣、大林丈史、浜田晃、川井つと、松澤仁晶ほか
主題歌
公式サイト https://www.allcinema.net/cinema/354182

「シン・ゴジラ」感想

「シン・ゴジラ」まとめ

以上「シン・ゴジラ」の動画配信サービス・再放送などについて説明しました。残念ながら2022年「シン・ゴジラ」の再放送予定はありませんでした。動画配信サービスを利用して無料期間の間に見てしまうのがいいでしょう。継続的に今後もチェックしたい方は動画配信サービスの有料会員になって広告なく快適に視聴し、他の番組にも手を出していくのがおすすめです!(コンテンツ沼にハマらないように注意してくださいね…。)今後も追加情報などありましたら随時更新していく予定なので、VOD列島を要チェックです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。