0%

STORYストーリー

「あれはあたしが産んだ子なの。
あたしの分身。
舐めるようにして
ずっと育ててきたの」

シングルマザーの秋子(長澤まさみ)は、息子・周平(郡司翔)を連れて、実家を訪れていた。その日暮らしの生活に困り、両親に金を借りに来たのだ。これまでも散々家族からの借金をくり返してきた秋子は、愛想を尽かされ追い返されてしまう。金策のあてが外れ、昼間からゲームセンターで飲んだくれていた秋子は、そこでホストの遼(阿部サダヲ)と出会う。・・・

Read more

STORYストーリー

シングルマザーの秋子(長澤まさみ)は、息子・周平(郡司翔)を連れて、実家を訪れていた。その日暮らしの生活に困り、両親に金を借りに来たのだ。これまでも散々家族からの借金をくり返してきた秋子は、愛想を尽かされ追い返されてしまう。金策のあてが外れ、昼間からゲームセンターで飲んだくれていた秋子は、そこでホストの遼(阿部サダヲ)と出会う。二人は意気投合し、遼は、秋子のアパートに入り浸るようになる。遼が来てから、秋子は生活保護費を使い切ってしまうばかりか、一人残した幼い周平を学校にも通わせず、遼と出かけたまま何週間もアパートを空ける始末だった。

周平が残された部屋の電気もガスも止められた頃、遊ぶ金がなくなった秋子と遼が帰ってきた。二人は、以前から秋子に気があった市役所職員の宇治田(皆川猿時)を脅して金を手に入れようとする。だが、遼が誤って宇治田を刺し、一家はラブホテルを転々とする逃亡生活を余儀なくされることに……。

そんな中、秋子が妊娠した。だが父親が自分だと認めない遼は、「堕さない」と言い張る秋子と周平を残して去っていく。ラブホテルの従業員・赤川(仲野太賀)と関係と持ち、敷地内に居候をつづける秋子は、周平を実家へ向かわせ金を無心するが、母の雅子(木野花)から今度は絶縁を言い渡されてしまうのだった。

5年後、16歳になった周平(奥平大兼)のそばには、妹の冬華(浅田芭路)がいた。秋子は定職にも就かずパチンコばかり。一方、周平は学校に行くこともなく、冬華の面倒をみていた。住む家もなくなった三人に児童相談所の亜矢(夏帆)が救いの手を差し伸べ、簡易宿泊所での新しい生活がはじまった。亜矢から学ぶことの楽しさを教えられた周平は、自分の世界が少しずつ開いていくのを感じていた……。

安息も束の間、遼が秋子たちの元へ戻ってくる。しかし借金取りに追われていた遼は、再び秋子と周平の前から姿を消すのだった。残された秋子は、周平にすがる「周平しかいないんだからね…」。

母と息子は後戻りのできない道へ踏み出そうとしていた———。

back

back
back
back
back
back

CASTキャスト

  • back

    三隅秋子

    シングルマザー。一人で周平を育てる

    長澤まさみ

    Profile
  • back

    周平 少年期

    秋子の息子。※登場時16歳→後半17歳

    奥平大兼

    Profile
  • back

    川田遼

    ホスト。秋子の内縁の夫。

    阿部サダヲ

    Profile
  • back

    高橋亜矢

    周平らを気にかける児童相談所の職員。

    夏帆

    Profile
  • back

    宇治田守

    秋子に気がある市役所職員。

    皆川猿時

    Profile
  • back

    赤川圭一

    秋子らが身を寄せるラブホテルの従業員。

    仲野太賀

    Profile
  • back

    三隅楓

    秋子の妹。

    土村 芳

    Profile
  • back

    三隅雅子

    秋子の母親。

    木野 花

    Profile
  • back

    周平 幼少期

    秋子の息子。

    郡司 翔

  • back

    冬華

    父親違いの周平の妹。

    浅田芭路

back

長澤まさみ / 三隅秋子 役

1987年6月3日生まれ、静岡県出身。近年の主な映画出演作は『海街diary』(15)、『アイアムアヒーロー』(16)、『追憶』(17)、『銀魂』(17)、『散歩する侵略者』(17)、『嘘を愛する女』(18)、『50回目のファーストキス』(18)、『銀魂2 掟は破るためにこそある』(18)、『マスカレード・ホテル』(19)、『キングダム』(19)、『コンフィデンスマンJP ロマンス編』(19)など。公開待機作品として『コンフィデンスマンJP プリンセス編』(近日公開)、『シン・ウルトラマン』(2021年公開予定)がある。

back

奥平大兼 / 周平 役

2003年9月20日生まれ、東京都出身。初めてのオーディションで大抜擢され、本作がスクリーンデビューとなる。趣味は芸術・洋楽・クラシック鑑賞など。特技は空手で、空手初段を持ち、2012年に全国武道空手道交流大会「形」で優勝経験がある。

back

阿部サダヲ / 川田遼 役

1970年4月23日生まれ、千葉県出身。 92年より松尾スズキ主宰・大人計画に参加。同年に舞台「冬の皮」でデビュー。映画やドラマ、バンド「グループ魂」のボーカルとしても活動するなど幅広く活躍している。近年の主な映画出演作は『ジヌよさらば~かむろば村へ~』(15)、『殿、利息でござる!』(16)、『彼女がその名を知らない鳥たち』(17)、『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』(18)、『決算!忠臣蔵』(19)などがある。

back

夏帆 / 高橋亜矢 役

1991年6月30日生まれ、東京都出身。初主演映画の『天然コケッコー』(07)で、第32回報知映画賞新人賞、第31回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。近年の主な出演作に『海街diary』(15)、『22年目の告白-私が殺人犯です-』(17)、『伊藤くん A to E』 (18)、『友罪』(18)、『きばいやんせ!私』(19)、『ブルーアワーにぶっ飛ばす』(19)、『Red』(20)、『架空OL日記』(20)など。公開待機作に『喜劇 愛妻物語』(2020年公開予定)がある。

back

皆川猿時 / 宇治田守 役

1971年生まれ、福島県出身。松尾スズキが主宰する「大人計画」所属。パンクコントバンド「グループ魂」では港カヲルとしてMCを担当し、2017年にはソロデビューも果たす。主な出演作は、『土竜の唄 香港狂騒曲』(16)、『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』(16)、NHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」(19)、「あなたの番です」(19/NTV)、『ヒキタさん!ご懐妊ですよ』(19)、『グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜』(20)、『Fukushima 50』(20)、「鉄の骨」(20/WOWOW)など。

back

仲野太賀 / 赤川圭一 役

1993年2月7日生まれ、東京都出身。2006年に俳優デビュー。近年の主な映画出演作は『アズミ・ハルコは行方不明』(16)、『走れ、絶望に追いつかれない速さで』(16)、『淵に立つ』(16)、『南瓜とマヨネーズ』(17)、『ポンチョに夜明けの風はらませて』(17)、『海を駆ける』 (18)、『来る』(18)、『母さんがどんなに僕を嫌いでも』(18)、『きばいやんせ!私』(19)、『町田くんの世界』(19)、『タロウのバカ』(19)、『静かな雨』(20)など。『今日から俺は!!劇場版』(7月17日)が公開を控える。

back

土村 芳 / 三隅楓 役

1990年12月11日生まれ、岩手県出身。2013年にスクリーンデビュー。主な出演作に、『劇場霊』(15)、『何者』(16)、NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」(16-17)、「恋がヘタでも生きてます」(17/YTV)、「GO!GO! フィルムタウン」(17/NHK)、『去年の冬、きみと別れ』(18)、「3年A組 -今から皆さんは、人質です-」(19/NTV)、「ゾンビが来たから人生見つめ直した件」(19/NHK)、『空母いぶき』(19)、「本気のしるし」(19/NBN)などがある。

back

木野 花 / 三隅雅子 役

1948年1月8日生まれ、青森県出身。弘前大学教育学部美術学科を卒業後、中学校の美術教師となるが、 1年で退職。上京して演劇の世界に入る。1974年に劇団「青い鳥」を結成。小劇場ブームの旗手的存在となる。退団後、女優・演出家として活動する。近年の主な出演作に、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」(13)、『娚の一生』(15)、『恋人たち』(15)、『ハローグッバイ』(17)、『閉鎖病棟』(19)など。『愛しのアイリーン』(18)でキネマ旬報ベスト・テン助演女優賞を受賞。

STAFFスタッフ

監督・脚本大森立嗣

1970年9月4日生まれ、東京都出身。大学時代に自主映画を作り始め、卒業後は俳優として活動しながら荒井晴彦、阪本順治、井筒和幸らの現場に助監督として参加。2001年、プロデュースと出演を兼ねた奥原浩志監督作『波』が第31回ロッテルダム映画祭最優秀アジア映画賞“NETPAC AWARD”を受賞。その後、荒戸源次郎に師事し、『赤目四十八瀧心中未遂』(03)の参加を経て、2005年に『ゲルマニウムの夜』で監督デビュー。そして『さよなら渓谷』(13)で、第35回モスクワ国際映画祭コンペティション部門の審査員特別賞を受賞。近年の監督作品は『セトウツミ』(16)、『光』(17)、『日日是好日』(18)、『母を亡くした時、 僕は遺骨を食べたいと思った。』(19)、『タロウのバカ』(19)など。公開待機作に『星の子』(2020年公開予定)がある。

企画・製作・エグゼクティブプロデューサー
河村光庸

1949年生まれ。『息もできない』(10)、『ニューヨーク眺めのいい部屋売ります』(16)など洋画の配給を行う傍ら映画製作・プロデュースに携わる。エグゼクティブプロデューサーを務めた『かぞくのくに』(11)では藤本賞特別賞を受賞。ほか企画・製作作品に『二重生活』(16)、『あゝ、荒野』(17)、『愛しのアイリーン』(18)、『新聞記者』(19)、『宮本から君へ』(19)などがある。

脚本港岳彦

1974年、宮崎県生まれ。日本映画学校(現日本映画大学)ドキュメンタリー演出コース卒。『僕がこの街で死んだことなんかあの人は知らない』で、シナリオ作家協会主催・大伴昌司賞受賞。いまおかしんじ監督の『イサク』(08年)で第四回ピンクシナリオコンクール入選(2009年度「年鑑代表シナリオ集」選出)。近年の主な作品に『蜜のあわれ』(16)、『あゝ、荒野』(17)、『宮本から君へ』(19)など。

音楽岩代太郎

1965年生まれ。サウンドトラックを中心に幅広いジャンルで活躍。主な作品に、『血と骨』(04)、『春の雪』、『蝉しぐれ』(05)、『闇の子供たち』(08)、『利休にたずねよ』、『許されざる者』(13)、『二重生活』(16)、『あゝ、荒野』(17)、『新聞記者』(19)、『Fukushima 50』(20)など。またポン・ジュノ監督『殺人の追憶』(03)、ジョン・ウー監督『レッドクリフ』シリーズ(08/09)などの海外作品も手掛ける。

撮影辻智彦

1970年和歌山県生まれ。日本大学芸術学部映画学科監督コース卒業後、フリーランスキャメラマンとして『ザ・ノンフィクション』『世界の車窓から』『ETV特集』等、多くのドキュメンタリーを撮影。2004年に映画『17歳の風景』撮影を担当後『実録・連合赤軍』『キャタピラー』『止められるか、俺たちを』等、劇映画の撮影も多く手がけるようになる。株式会社ハイクロスシネマトグラフィ代表。

OFFICIAL SNS